赤面症と他の病気

このエントリーをはてなブックマークに追加  

赤面症と他の病気との関係記事一覧

赤面症とどもりの関係とは?その特徴や傾向・対策

赤面症と「どもり」は別々のものですが、共通する点があり、また両方を同時に発症するケースもあります。言語障害の一種である「どもり」について、多くの人は緊張が原因していると誤解しているようです。「緊張しているからどもってしまう」と解釈している人が多くいますが、実はまったく逆なのです。「どもってしまうこと...

≫続きを読む

赤面症と神経症の関係とは?その特徴や傾向・対策

赤面症は、「神経症」の一種であるともいわれています。この「神経症」という言葉はよく耳にするものの、一体、どういうものなのかを正しく理解している人は決して多いとはいえません。また、神経症と混同したり、同一視されるなど、誤った解釈をされることが多いものに、「精神病」や「精神障害」があります。神経症と精神...

≫続きを読む

赤面症と多汗症の関係とは?その特徴や傾向・対策

赤面症になると、同時に多汗症も発症することが少なくありません。人前で話すなどして緊張すれば、誰でも身体が熱くなって、じっとりと汗ばむものですが、多汗症の場合は、そんな生半可なものではありません。全身、特に顔や手のひらから汗が噴き出し、皮膚をつたって流れるほど大量の汗をかきます。普通の人がスポーツなど...

≫続きを読む

赤面症と人見知りの関係とは?その特徴や傾向・対策

「赤面症」と「人見知り」は、よく混同されたり、関連があるように思われますが、実はまったくの別物です。特に、「赤面症=人見知り」と安易に結びつけて同一視する考え方は明らかな間違いといえます。確かに人見知りは、初対面の人や、あまり親しくない人と接する際に緊張してしまい、思うように話ができなかったり、相手...

≫続きを読む