赤面症を薬物療法で治療

このエントリーをはてなブックマークに追加  

薬物療法とは?特徴や効果について

薬剤師

赤面症の治療法には様々なものがありますが、そのなかでもっとも代表的で、なおかつ必ず行なわれるものに「薬物療法」があります。そのため、薬物療法は、赤面症治療の基本と言ってもいいでしょう。

 

赤面症の人は、人前で話すときや、苦手な人・好きな人が相手のときに強い緊張や不安を感じるために顔が赤くなってしまいます。

 

赤面症治療における薬物療法では、この緊張や不安を和らげることを目的としています。つまり、緊張を和らげるために薬を服用するわけであり、顔が赤くなるのを防ぐためのものではありません

 

赤面症治療の薬物療法では、向神経薬が用いられます。

 

この向精神薬とは、中枢神経系に作用して、精神に影響を与える薬剤の総称のことで、主に抗うつ剤、精神安定剤、鎮静剤、睡眠薬(睡眠導入剤)があります。

 

向神経薬はさらに、β遮断薬、精神安定剤、抗うつ剤の3つに分類されます。

 

さらに、それぞれが成分によって分類され、たとえば抗うつ剤であれば、三環系抗うつ剤、MAO(モノアミン酸酵素阻害薬)、SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)があります。

 

薬剤師

赤面症などの精神疾患の治療の際に処方される薬は様々ですが、その人の症状や体質などによって医師が適切に判断して処方されます。

 

これらの薬がその人の体質にうまく合えば、数日のうちに効果があらわれるケースもあります。

 

緊張や不安が抑えられ、赤面することが減っていけば、服用回数や量を減らしていくことができます。そして、最終的には薬を服用しなくても緊張や不安が生じなくなり、赤面することを解消できた人は少なくありません。

 

抗うつ剤や精神安定剤などは、いったん服用を始めると、一生飲み続けなければならないと思っている人がいるようですが、それは事実ではありません。

 

薬は症状を緩和・解消するために、治療期間中に限って使用するものであり、症状が解消されれば、当然、服用をやめることになります。

 

ただし、症状が緩和されたからといって、素人判断で勝手に服用を中止するようなことは絶対に控えましょう。

 

急に服用を中止したり、量を減らすと、症状が再発したり、かえって悪化させてしまう可能性もあります。

 

必ず医師の指導・指示に従って、正しく服用することが大事です。

 

また、薬物療法で用いられる薬は、どれも効果が高いものであるため、症状が軽い場合は、薬の服用だけで赤面症を改善できるケースもあります。

 

逆に、症状が重い場合は、認知行動療法などの精神的な治療法が並行して行なわれます

 

その場合も、薬は他の治療法の効果を高める役割を果たすので、やはり自分だけの判断で服用を中止するようなことは避けましょう。そして、医師のOKが出たら、安心して薬と縁を切ることができます。