赤面症の治療

このエントリーをはてなブックマークに追加  

赤面症の治療法記事一覧

緊張や不安を和らげる「薬物療法」で赤面症を治療

赤面症の治療法には様々なものがありますが、そのなかでもっとも代表的で、なおかつ必ず行なわれるものに「薬物療法」があります。そのため、薬物療法は、赤面症治療の基本と言ってもいいでしょう。赤面症の人は、人前で話すときや、苦手な人・好きな人が相手のときに強い緊張や不安を感じるために顔が赤くなってしまいます...

≫続きを読む

身体の中から改善する「漢方療法」で赤面症を治療

赤面症の治療では、まず抗うつ剤や精神安定剤などを用いた薬物療法が行なわれるのが一般的ですが、東洋医学に基づいた漢方薬の中にも赤面症に有効とされている薬があります。赤面症は、ストレスなどによって脳の交感神経と副交感神経のバランスが崩れることで引き起こされるため、このバランスを整えることで、赤面症を改善...

≫続きを読む

病気と正面から向き合う「カウンセリング」で赤面症を治療

赤面症の根本原因は心の問題であるため、心理カウンセラーなどがカウンセリングを専門に行なう施設があります。施設によっては「心理セラピー」と呼ぶこともあり、その場合は「セラピスト」と呼ばれる人がセラピーを行ないます。カウンセリングとは、カウンセラーと1時間程度の会話をすることです。会話の中身は、他愛のな...

≫続きを読む

思い込みを見直す「認知行動療法」で赤面症を治療

赤面症の治療で行なわれる「認知行動療法」は、赤面だけではなく、その他の様々な症状を改善することができるので、広く実施されて効果をあげている治療法です。この認知行動療法をわかりやすい例を挙げて説明しましょう。たとえば、「すぐにカッとなる」という心理について、患者の思考方法を変えていく場合、まず本人(患...

≫続きを読む

開き直りを基本とする「森田療法」で赤面症を治療

赤面症の治療法のひとつに「森田療法」があります。森田療法は、医師の森田正馬氏が考案したもので、「顔が赤くなる自分」を肯定して受け入れ、一種の「悟り」の境地に似た心情になることを目的としています。端的にいえば、「赤面しても構わない」と開き直ることを基本とした治療法です。どんな人であっても、人前で話した...

≫続きを読む

本当の自分を知る「内観法」で赤面症を治療

赤面症の治療に用いられる「内観法」は、日本で開発された方法で、その後、世界中で知られるようになりました。赤面症に限らず、様々な精神疾患などに広く用いられ、高い効果を見せている治療法のひとつです。内観法は、「真の自己を知る(本当の自分を知る)」ことを目的としており、「集中内観」と「日常内観」を組み合わ...

≫続きを読む

潜在意識に働きかける「催眠療法」で赤面症を治療

赤面症治療の有効な方法のひとつに「催眠療法」があります。「催眠」と聞くと、スピリチュアルなイメージがあり、どこか怪しげに感じられるかもしれません。確かに、少し謎めいた雰囲気があり、医学的とはいえないような気がするかもしれませんが、れっきとした赤面症の治療法として確立されたものであり、一定の効果を示す...

≫続きを読む

自分に暗示をかける「自己暗示法」で赤面症を治療

赤面症の治療には「自己暗示法」というものがあります。赤面症の人は、自分が赤面してしまうことを意識しすぎて、常に「赤面したくない」「赤面したらどうしよう」「赤面したら周りから変に思われる」「赤面したら…、赤面したら…」といったことを考えてしまい、とにかく「赤面した自分」のイメージを強く持ってしまってい...

≫続きを読む

交感神経を遮断する手術で赤面症を治療

赤面症の治療には、薬物療法や精神療法のほか、外科的手術という治療法があります。赤面症は、主に精神的な問題が原因で引き起こされる病気ですが、同時に神経に関与する病気でもあります。赤面症の代表的な症状である不安や緊張は、交感神経の機能に関わっていることから、「胸部交感神経遮断手術」という方法が用いられる...

≫続きを読む

リラックス効果のあるサプリメントで赤面症を改善

赤面症に効果があるとされるサプリメントがあり、ドラッグストアやコンビニなどでも手軽に入手することができます。そのなかでも、「バレリアン」には、高い鎮静効果があるといわれています。バレリアンについてバレリアンは、和名・セイヨウカノコソウという多年生植物で、根や茎に不眠症や精神高揚などに効果がある薬草で...

≫続きを読む