赤面症の治療費

このエントリーをはてなブックマークに追加  

治療にかかる費用面や注意点

女性

赤面症は、精神的な問題が原因で引き起こされる神経の病気なので、治療のためには精神科や神経科、精神神経科、心療内科など、精神系や神経系を専門としている病院に通うことになります。

 

一般の内科や歯科、眼科などと違って、まだ馴染みがない人も少なくないため、「治療費はどれくらいかかるんだろう?」「高い治療費を取られるのでは?」と心配する人もいるようですが、赤面症はもちろん、近年、急増しているうつ病や神経症などは、他の疾患と同様に、健康保険の適用対象となっているので、患者が窓口で支払う自己負担は3割で済みます。

 

赤面症の治療では、抗うつ剤や抗不安剤、精神安定剤、また、不眠の症状が伴うような場合には睡眠薬(睡眠導入剤)などを用いた薬物療法が行なわれるので、こうした薬代も含め、1回の診察で2,000〜3,000円程度と考えていいでしょう(健康保険を使用した場合)

 

初めての場合に限り初診料などがかかりますが、それでも10,000円を超えるようなことはまずありません

 

ただ、赤面症の治療は、1回、もしくは数回、通院すれば終わりというほど簡単なものではないため、症状の程度によっては長期にわたる通院と服薬が必要なケースが少なくありません。その分、通院回数、服薬量ともに増えることになるので、全体の治療費もかさんでしまうことになります。

 

また、どのような薬がどのぐらいの量、処方されるか、また、治療内容、通院のペースによっても費用は異なってくるので、一概には言えません。

 

カウンセラー

さらに、医師の診察のほかに臨床心理士などによるカウンセリングを受けると、さらに費用が増えることになります。

 

カウンセリングは時間あたりの金額設定となっており、たいていは1時間10,000円あたりが一般的な相場と考えていいでしょう。多くの場合、カウンセリングは自由診療に属するため、通常の治療よりも高額になってしまうようです。

 

多くの場合は、カウンセリングを行なう臨床心理士や心理カウンセラーは病院に在籍していますが、病院とは関係なく、カウンセリングのみを行なっている個人の治療施設もあります。こちらは、病院よりも割高になるケースが多いようです。

 

また、悪質な業者も存在するようで、法外な費用を請求してきたり、ろくにカウンセリングを行なわないなど詐欺まがいの行為によって訴訟に発展することもあるようです。そのため、カウンセリングのみの施設を利用する前には、十分な下調べが必要です。

 

こうしたことから、やはり精神科や心療内科などがある病院などの医療施設で治療を受けたほうが、費用、治療内容ともに間違いないでしょう。

 

赤面症治療は長期にわたることもあり、費用がかさむこともありますが、しっかりと治療するうえではやむをえないといえるでしょう。

 

また、いくらお金がかかるといっても、数百万〜数千万といった莫大な費用がかかるわけではないので、それほど大袈裟に考える必要はないでしょう。