赤面症を日焼けで目立たなくする

このエントリーをはてなブックマークに追加  

日焼けによる効果と焼く際の注意点について

サラリーマン

赤面症の男性は、日焼けで顔を黒くすることで赤面の症状を目立たなくさせるという対処法があります。

 

色白の人が赤面する場合と、日焼けして黒い顔の人が赤くなる場合では、目立ち方の程度にかなりの違いがあります。

 

色白の人が赤面すると、顔色の変化が大きいので、他人に与えるインパクトが大きく、どうしても注目を集めてしまいますが、顔が黒い人は、赤面しても他人に気づかれにくく、仮に気づかれたとしても、強い印象を与えることが少ないので、周囲の視線が気になることもないため、日焼けは有効な赤面症対策といえます。

 

日焼けして顔が黒いと、赤面したとしてもあまり目立たないため、「顔が赤くなっても大丈夫」と、徐々に自信がついていき、赤面症が治っていく可能性があります。

 

サラリーマン

赤面することに対する恐怖や不安が和らぐので、気持ちに余裕が生まれ、人と接するときに精神的なゆとりを持つことができるようになり、過剰に緊張してしまうことがなくなっていくものです。

 

日焼けすることで自分に自信が持てるようになり、そこから生まれる心の余裕によって、だんだん赤面することが減っていき、完全に赤面症が治ってしまうことも考えられます。

 

現に、この方法で赤面症を克服したという事例も多く、「赤面してもまったく気にならなくなった」「赤面しても気づかれなかった」「自分で鏡を見てもわからなかった」「日焼けが消えても、赤面症が起こらなくなった」といった声が多く聞かれます。

 

やはり、日焼けすることによって、顔が赤くなっても気づかれないという安心感が大きく影響しているようです。

 

日焼けした小麦色の肌は、健康的で若々しい印象を与えるだけではなく、本人も若返った気分になり、精神的に前向きになることもできます。

 

海辺

日焼けで赤面を目立たなくするという方法は、男性だけではなく、女性にも有効ですが、紫外線の影響もあるため、必ずしもオススメはできません。

 

もちろん、これは男性も同じことがいえるので、やみくむに焼くのは避けたほうがいいでしょう。

 

日焼けサロンなどを利用し、肌に刺激の少ない方法で、適度に焼くほうがいいでしょう。

 

そのうえで、半年から1年ほど様子を見てみるといいでしょう。「赤面するかもしれない」とか「赤面したらどうしよう」といった不安感がなくなってきたら、効果があった証拠です。この不安感が解消されれば、肌の色を元に戻しても赤面しないようになります。

 

ただし、体質や肌の状態によっては逆効果になる場合もあるので注意が必要です。もともと肌が弱い人や、日焼けすると黒くならずに炎症を起こして赤くなってしまうタイプの人は避けたほうがいいでしょう。