赤面症とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加  

赤面症は病気なの?症状の特徴について

 赤面症で悩む女性

赤面症は、人前で緊張してしまう対人恐怖症の一種であるあがり症(SAD / 社会不安障害)のひとつです。

 

一般に、「赤面症」と聞くと、「恥ずかしがり屋」とか「照れ屋」「引っ込み思案」、あるいは「付き合いベタ」といったイメージが強くあり、その人の性格によるものだと思われがちですが、実はそんな生易しいものではないのです。

 

「赤面症」は、文字どおり、顔が真っ赤になってしまうもので、人前に出るなどして緊張すると症状があらわれます。ただ、これは表からわかりやすい象徴的な症状であって、赤面症の症状はそれだけではなく、その本質は内面にあります

 

赤面症の症状のうちで、実はもっとも大きな割合を占めているのは精神的な症状です。

 

それは、周囲の目を気にするあまり、必要以上に「他人から見られている」ということを意識し、それによってさらに緊張して「顔が赤くなっている」ということが非常に気になるというものです。

 

こうしたことは、他のあがり症でも同様で、たとえば多汗症の場合であれば、「他人から見られている」ことを意識しすぎて緊張が高まって発汗し、「汗をかいている」ことが気になって仕方がなくなるわけです。

 

視線恐怖症などにも同じことがいえますが、視線恐怖の場合は「見られている」ということ自体が過剰に気になってしまいます。

 

このように、赤面症も含めたあがり症の症状は、赤面や発汗といった身体的な症状よりも、他人から「見られている」ことを過剰に意識してしまうという精神的な症状が大部分を占めています

 

 赤面症で悩む男性

赤面症の精神的な症状で悩んでいる人は、周囲が想像する以上に追い詰められています。

 

なぜなら、大勢の人の前に出ることだけではなく、普通に人と向き合って話をすることが苦痛になり、場合によっては、人の前を歩くだけでもひどく緊張してしまう人もいるほどです。

 

さらに症状が進行すると、社会との関わりを避けるようになり、最悪の場合、自宅に引きこもってしまうケースもあります。

 

赤面症の原因には様々なものがあり、また、赤面症のタイプ、症状のあらわれ方も人によって大きく異なります。

 

そのため、周囲の目が気になるような症状があらわれた場合は、まず、自分はどのタイプの赤面症に当てはまるのかを見極め、それを解消するための有効な治療法を模索することが大事です。

 

ただ、専門家以外にはなかなか判断が難しいので、自分の異変に気づいたら、専門の医師の診察を受けましょう。

 

赤面症は不治の病ではありませんし、ましてや死に至る病でもありません。多くの場合、薬物療法と本人の努力で治すことが可能なので、前向きな気持ちで、きちんとした治療を受けましょう。